非破壊検査とは?

 非破壊検査とは、物を壊さずに内部のきずや表面のきずの状況を調べる検査技術のことです。
 発電所、化学プラント・石油プラント工場設備、橋梁など、ありとあらゆる現場で、安全確保のために必要とされています。
 製品や設備の信頼性を高め、社会の安全を確保する、とても重要な役割を担っています。

 

主な非破壊検査方法

放射線透過検査

X線またはγ線と呼ばれる透過能力の大きい放射線を利用して、
材料や構造物の内部のきずの検出、内部構造の調査などを行います。
X線フィルムによるきずの像の永久的記録が得られ、きずの種類及び形状の判別ができます。

 

超音波探傷検査

超音波探傷試験は超音波が金属中を直進し、異なる物体の境界面で反射する特性を利用しています。きずで反射したエコーを受信し、位置や大きさを測定します。試験には大きく分けて斜角探傷法と垂直探傷法があります。斜角探傷法は、探傷面に対し斜めに超音波を入射させる方法で、溶接部等の探傷に用いられます。垂直探傷法は試験面に対し垂直に超音波を入射させる方法で、板材、棒材、鍛鋼品、 鋳鋼品などの探傷に広く利用されています。

 

超音厚さ測定

超音波の反射する性質を利用して、反射に要する時間を厚さに換算して測定する検査を超音波厚さ測定といいます。ノギス・マイクロメーター等で測定できない、各種製品、配管、構造物、素材等を破壊せずに測定したい部面に、センサーを当てることで測定することができます。手動測定から全自動厚さ測定へと製品の材質、大きさ、形状にとらわれず測定することができます。

 

磁粉探傷検査

磁粉探傷試験は、鋼管や棒鋼をはじめ鍛造品、機械加工された機械部品など、鉄鋼材料、溶接部等の表面探傷試験方法として、広く利用されています。試験体に磁束を流した場合、試験体表層部のきず部で漏洩磁束が生じます。磁粉をその部分へ適用することにより、磁粉同士が吸着し、互いにつながって識別できるようになります。

 

浸透探傷検査

浸透探傷試験は、磁性、非磁性、金属、非金属に関係なく、吸湿性のある材料以外に広く利用され、最も有害とされている表面開口きずの検出能に優れています。毛管現象を利用し、実際の開口部の寸法よりも拡大した指示模様を形成させ、きずを検出する方法です。